matsu blog

昆虫大学は作家・芸術家・研究者・昆虫を生業とする人々が一堂に会する、同人誌即売会のようなイベントになります。隔年開催されており、コロナ禍ではありますが、無事に2022年7月3日(土)、4日(日)の2日間開催されました。

昆虫大学2022会場内

昆虫について好きな方だったら誰でも知っているような有名な作家さんや研究者の方々が売り子として自身の著書やグッズを販売されていました。また、生体の展示を行っているブースもあり、タマムシやアリ、クモやゴキブリなど、多数の昆虫を間近で観察することが出来ました。昆虫の絵がプリントされた衣服やブローチ、帽子など、昆虫をあしらったファッションアイテムの購入を楽しめるブースもありました。

昆虫大学2022ブローチ

今回の戦利品ですが、昆虫の本や昆虫図鑑を購入し、ブースにいらっしゃる著者の方々にサインを頂きました。また、本来は博物館で販売されている湯飲みが訳ありのために半額で販売されていたので購入しました。

昆虫大学2022戦利品

昆虫大学2022で入手した湯飲み

コロナ禍ということもあり、時間帯による入場時間制ではありましたが、全てのブースをゆっくりと見ることが出来ました。次回の開催は2024年になりますので、その頃にはコロナが収まり、マスクを外して会場の散策が出来るようになればいいなと思っています。

昆虫大学2022看板